コミュニケーションストレスを発生させない方法論

「あだ名」「呼び捨て」は禁止、小学校で「さん付け」指導が広がる クラスメートを「あだ名」で呼んだり「呼び捨て」にしたりせずに、「さん付け」するように指導する小学校が増えている。身体的特徴 www.yomiuri.co.jp

小学校でも社会でも限らず、あだ名を基本は使わない。使う場合は「○○と呼んで下さい」と、呼ばれる希望がある場合のみ。勝手に名付けない。「○○くん」も「○○ちゃん」も使わない。せいぜい、下の名を呼び捨てにすることがあるかも程度だし、それも呼ばれる希望がある場合のみ。あだ名が親近感を産むのはわかる。ただ、その距離感が嫌な人もいる。

ちょっとしたコミュニケーションストレスを無視してはいけない。うずたかく積まれたとき、すでに取り返しのつかないことになる可能性もあるのだから。